FC2ブログ

Northern1000と北海道ツーリング2019 Vol.16〜DAY5その4〜

2019年7月15日(月・祝)

〜Northern1000・3日目後編 ビクトリーラン〜

◯最初から読みたい方はコチラ

前回はコチラ






モケウニ沼で突然話をぶった切ってw
いよいよ満を持して宗谷岬まで突っ走りますよ!!


スキャン 5
↑1989年夏。モケウニ沼にて。
この年、インカラリーから帰って来て、懐はほぼスッカラカンなのに新車で買ったテラノ。
しかも当時の彼女(現在の家内)と友人カップルと四人で、二週間近い北海道の旅を敢行。
とんでもない金利のせいで総支払額360万のテラノと追加で買ったKTM250EGS 。
20才で500万近い借金をしましたが、三年で返済。若さってすごい!今じゃ考えられない(^_^;




そんな自分も今年で50。
四人の子どもも、やっと手をせる年齢になりました。

今回の北海道ツーリングとノーザン1000参加も、人生の次のステージへのターニングポイント。

後何年バイクにまたがることが出来るかわかりませんが、出来るだけ長い時間、風を感じることができたらと思います!




では、ノーザン1000ツーリングラリー・・・最終回です!!
(ツーリングはまだまだ続きます(^_^;)






P1060814.jpg


モケウニ沼を確認したのでエサヌカ方面へ移動。



ここに初めて来たのは1987年、高校三年生の時。




スキャン 2

当時当麻のラリーに出た事で知り合いになった、そのレースのオーガナイザーの藤田さん(今回のノーザンで荷物をトラックで運んでくれた方)。
※この時出会った人たちから、その後の自分の人生に多大なる影響を受けました。この時にお会いした山田周生さんもその一人。


987_20190901170042b59.png
グレーのパーカーが藤田さん(^_^)




スキャン 3

その藤田さんと同じくレースに出ていて知り合いになった湯川さんと3人で、北海道限定のバイク雑誌DoBike(知ってますか?w)の取材のお手伝いで「えさしYOU(銭湯がやっていたライダーハウス)」を訪れた後でした。
※今は無き「えさしYOU」が気になった方は検索して見てください(^_^)

スキャン 3
藤田さんと「えさしYOU」のヨシコ姉さんの話は、また後日スピンオフで(^_^)
藤田さん(青いFUMAのジャケット)とヨシコ姉さんが共に若い!!!

スキャン 2
高校三年の自分と藤田さん。1987年えさしYOUにて




スキャン 4

ナンバーは当麻のレースで山の中で落として来たので、このダンボールナンバーで2ヶ月北海道を旅してましたw


1987年当時のエサヌカは完全未舗装。
まるで地平線まで続くように見えますよね!!



P1060833.jpg








P1060835.jpg
モケウニ沼方面よりエサヌカ線に入るとすぐそこに見覚えのあるメンバーが!!



P1060840_20190901113812537.jpg

おっ!あれは!

チームだいせつの第五の勇者N氏とその友人T氏カップル!!

P1060837.jpg


P1060838.jpg

P1060839.jpg

天気も回復し、しかもこのエサヌカの開放感でテンションMAX感全開!!


しかも振り返ると

P1060843.jpg


見覚えのあるスペンサーレプリカのメットを被った・・・・

P1060844.jpg



こちらもチームだいせつのY氏が丁度通過!!

P1060846.jpg


P1060848.jpg

P1060849.jpg

こんなにタイミング良く!?

自分がモケウニ沼に行ってる時間がちょっと早くても遅くてもこの写真は撮れませんでした(^_^)

凄いな!
今回のノーザンの縁の引きは(^_^)



ライダーがあちらこちらに止まって、撮影を開始しました。

そんな皆さんを横目に自分は裏エサヌカ線へ・・・(^_^;

5678_201909011151436f3.png
舗装されたエサヌカ線より内陸側、エサヌカ川を超えた小沼横を抜ける気持ちの良い未舗装路。


P1060866.jpg


P1060879.jpg


P1060863.jpg


P1060858.jpg

この道を走っていると30年前のエサヌカを思い出します。
P1060873.jpg
見通しが良いので、気持ちの良い直線グラベルをぶっ飛ばすのは最高です!!



あまりに楽しくて二往復(^_^;


あっ・・・ノーザンに参加していることをすっかり忘れそうになっちゃいましたよ・・・(^_^;

急いで表のエサヌカ線から国道に戻って、WP3の道の駅・さるふつ公園を目指します。








AM11:28

ノーザン1000の最後のWP(ウェイポイント)
さるふつ公園到着!

たった30kmほどの距離で一時間以上かかってますw

P1060896.jpg


P1060890.jpg

スタート前日のホテルが一緒だった、佐賀から参加のM女史も到着!







再度最終日のスケジュールを載せますね。


7月15日
 
8:00 
スタート
ゼッケン順にスタート

各自WPを辿り走行
(約170km)
途中のルートは自由です
(奥幌内本流林道ダート約30kmなどもあります)

11:00 
ゴール受付開始
宗谷岬「ゲストハウスアルメリア」
     
11:30 
ゴールイベントスタート
     
14:00 
解散予定



スタートが30分早まって7:30にスタートしたのに・・・・AM11:30で猿払です・・・。


いや〜天気が良いので、みんなエサヌカ等で楽しんじゃって全くもってスケジュール通りに進んでませんよ〜(^_^;



P1060889_201909011229522c8.jpg

そして、いつもWP等で一緒の白バイ風なN氏のマシン。
一般のライダーには少々の緊張感を、そしてノーザンライダーには多大なる安心感を与えてくれましたよ(^_^)

このN氏との縁はノーザンが終わっても続きます(^_^;

P1060884.jpg


その横には・・・

P1060885.jpg

P1060889_201909011229522c8.jpg
風間さんが林道ツアーで乗って来たCRF450。

P1060886.jpg

このホライゾン(地平線)をイメージしたデザインのヘルメットはカッコイイですよね!!


P1060897_20190901122959b02.jpg
パリダカでの不慮の事故で、不自由になってしまった左足用に加工された特別なステップ。



少々スケジュールは遅れてますが、風間さんもここに居るんだからと参加者も誰も焦ってませんw



ゆるりとWP3のさるふつ公園を出発するノーザンライダー。


ゴールの宗谷岬までは30kmほど、後少しです(^_^)

6543_20190901144219545.png


稚内までのR238は、右手に蒼いオホーツク海を見ながら走るルート。

人家も少なく、荒涼とした翠の原野を左手に走ります。
このルートは今まで何十回と走って来てますが、このなんとも言えない荒涼とした感じは好きですね!




さるふつ公園から宗谷岬までの道中、ノーザンライダーが連なって走る様は、さながらダカールの海岸を駆け抜けるビクトリーラン!


無事にゴール出来る安堵感と、終わってしまう寂しさの・・・カクテルのよう。




5656.png

宗谷郵便局を過ぎたら・・・最北端の地・宗谷岬はもうすぐそこ。



2019/7/15

12:11:46



P1060901_2019090115022846c.jpg


前代未聞のツーリングラリー

ノーザン1000、ついにゴール!!!


N1000_20190901150351b20.png

59.png


10年ぶりの宗谷岬に到着。


初めて来たのは1986年、高校二年生。

souya_201909011455030e5.jpg



最後に来たのは10年前。四人の子供達を連れて家族6人できました。

P1030112_20190901145504d78.jpg


P1030109_20120611094721_20190901145737290.jpg
↑10年前の長女と次女。


9年前に北海道ツーリングした時には寄らなかったので、ここに来るまでに10年かかりましたよ。



次々と到着するノーザンライダー達。

P1060936.jpg
P1060933.jpg
P1060930.jpg
P1060938.jpg
P1060926.jpg
P1060920.jpg
P1060913.jpg
P1060911.jpg
P1060909.jpg
P1060907.jpg
P1060904.jpg


P1060939.jpg


P1060942.jpg













と、宗谷岬がゴールと思っていたら、実は丘の上のアルメリアがゴール地点w




宗谷岬横から丘の上のアルメリアまで後500mほど走ります。



丘の上では、風間さん達スタッフが総出でお出迎え!

P1060947.jpg

P1060965.jpg

P1060961.jpg

P1060958.jpg

P1060955.jpg

P1060952.jpg

P1060995.jpg


67402340_2218556248256912_5425532817226334208_n.jpg
自分のマシンにもっちーが跨ると250ccぐらいのマシンみたいだw



P1070002.jpg
ちょっと遅れてチームだいせつのE氏(SSTR2019トップポイントゲッター)も到着。
P1070003.jpg




だいぶ遅くなってしまいましたが、アルメリア二階でゴールイベントスタート!!

P1070023.jpg

P1070029.jpg


風間さん司会によるライダーズミーティング。


P1070044.jpg

MVPに輝いた方達(^_^)
トップバッターは白バイ風なマシンを操るN氏!
安定の走り。飛ばさないのに何故かいつも同じぐらいのペースで走ってるのには驚きです!!
みんなの心の安定剤。



あとの方達のMVP話は、単車倶楽部10月号を買って頂ければ詳しく書いてありますので、
是非是非お買い求めください(^_^)


P1070047.jpg

P1070052.jpg

と、丸投げするのもなんですから(^_^;
こちらの少年の話。
マイクを持って居るのは中一の少年。

67810935_1376928132454403_1572057828196089856_n_201908290816148ca_20190901161520a71.jpg

ゼッケン29番、お父さんとタンデムで参加。
67336615_2218554588257078_1211692509940416512_n.jpg

雨の降る中、毎日500km走るのはソロでも大変なのにタンデム。
しかも中一の息子を後ろに乗せて、到着したらキャンプして・・・・・。
途中で居眠りしてる息子の話なんかも聞いたので、自分には出来ない・・・と思いましたよ(^_^;
うちの四番目の次男が今中二ですが、普段の時でも自分のマシンの後ろに乗るのは嫌だと・・・w

長女(現在21)が産まれた時は、北海道をタンデムで旅したいなぁ〜と妄想したものです。
今となってはノーサンキューw
一緒に二台で走るのはOK!!

一人で走る以上の疲れがあると思います。
鍵を無くしてしまうのもわかるような気がします(^_^;


P1070015.jpg
いつか彼が自分の運転でノーザンに参加した時に一緒に走りたい!!

そんな親子タンデムで完走したIさんのブログもぜひご覧ください!
親子タンデムならではの苦労話や珍道中、うちのブログと違って感動しますよ!









P1070053.jpg
そして最後のヨシコ姉さんの登場には、まじビックリしましたよw

他の参加者の皆さんには???な、えさしYOUの話やノースランドラリーの話も出たり・・・。
やっぱりあの時風間さんに呼ばれたんだと確信しましたね(^_^)


そして今回ノーザンに参加してほんと良かったと思ったのは、スタッフとしてアルメリアでお手伝いしていた栗本夫妻に32年ぶりにお会いできた事。

P1060968.jpg
↑受付でメダルとポカリスエットを配っていた奥様のしゅうこさん。

P1060966.jpg
バイクの誘導をしていた栗本さん。

初めて栗本夫妻にお会いしたのは、やはり1987年の高校三年での当麻でのレース。
単身自走で横浜からタイヤ積んで北海道のレースに参加したものだから、それはそれは色々な方にお世話になりまして・・・(^_^;

tomas_201909011720550f5.jpg
↑1987年当麻ラリーにて

そこでお世話になった方の一人が当時札幌でバイク屋Pit1を経営していた栗本さん。
夫妻が子供と遊んでいるのを見て、「あー自分も早く結婚して父親になりたいなぁ〜」と憧れたものです(^_^)
結果四人の父親になりましたがw

羅臼から横浜までヒッチハイクで帰った時も、途中札幌で寄らさせていただいて金のなかった自分にラーメンをご馳走してくれました・・・・。


今回ノーザンに参加できて本当に良かった・・・・・。





201907221749197d9_201909011747170d5.jpg





厚真町をスタートして1200km近く(人によっては1500km以上)走り、納沙布岬を経由して宗谷岬に着きました。



ここに到着するまでには、ノーザン参加者全員違うドラマがあったと思います。

仕事の調整や家族の理解、予算の手配にマシンや道具の準備、そして自分への挑戦等々・・・。

遠くは九州からの参加。夫婦や親子でのタンデム、親子で別々のマシンでの参加等、参加スタイルや排気量、距離は違っても、目標は一つでした。


ノーザン1000に参加したからこそ出会えた人々、そして様々な困難と美しい景色。

P1070018.jpg
↑チームだいせつのH氏とN氏。「ノーザンノーザンてうるせーんだよ!」という最悪の出会い方では残念ながらありませんでしたw
P1070021.jpg


ソロツーリングがメインの自分ですが、今回このノーザン1000に参加し、同じ目標と苦難を共有する素晴らしさを再認識いたしました。




この最北の地にみんなで無事に到着できた事に感謝。

風間さん並びにノーザンを支えて頂いたスタッフの皆さんに感謝。


文句を言わずに送り出してくれた妻と家族に感謝。



長々とここまで読んでくれた貴方に感謝(^人^)






と、ノーザン1000はここでゴールだけど・・・

アフターノーザンがこれまたびっくりする展開になるんだってばさ!!!



乞うご期待!!


もちろん、つづくよん(^_^)b

でも、とりあえずノーザンネタの感想をブログのコメントで貰えると嬉しいです〜♪
FBやってない方も書きやすくなりますので。

でも、お手柔らかに・・・(^_^;w


mig_201909011755387f0.jpeg




つづけます(^_^;


おかげさまでブログランキング順位上昇中!!
さぁ、今日は何位かな?
1日1回クリックで順位がアップ♪



にほんブログ村 バイクブログ KTMへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

ポチッと応援よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



2019-09-01(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ありがとうございました! 

inabaさん、コメントありがとうございます!
もっと早めに知り合えていれば、いろいろお話できたのですが(^_^;
何せ、個性あふれる参加者の皆さんと、個人的にかなり懐かしい方達との再会もあったりで余裕がなくすいませんでした(^_^;

inabaさんのブログ読まさせて頂きました。
親子でタンデムと伺って、きっと大変だっただろうなぁと同じ中学生の息子を持つ親としても気になってました。
inabaさんのブログを読んでその苦労の裏舞台を知ることができ、笑ってはいけないのですがクスッとなったりしました(^_^;

いつの日か息子さんがノーザンやバイクでの旅に出ることを今から楽しみにしております。

ノーザンはゴールしましたが、驚きのアフターノーザンも乞うご期待です!!

2019-09-02 11:41 | えふぅ | URL   [ 編集 ]

ありがとうございました! 

取り上げいただいて、どうもありがとうございました!
初心者クラスライダーとしてもノーザンはとても楽しめました!
(グーグルマップの最短コースを走るのが精一杯でしたが。。)
鍵は、仙台に戻って、すぐに作りました!笑

ペース遅くて、ゴールまでご一緒できませんでしたが、宗谷の展望台で3人で撮っていただいた写真は宝物です。
中村さんのこと、ライダーとして本当に尊敬いたします!

またお会いできる日を楽しみにしています!
2019-09-01 23:04 | inabaです | URL   [ 編集 ]


私は福島を応援します!



自分が微力ながらお手伝いさせて頂いた「南相馬市」にある「福興浜団」



↑7/5~8まで宿泊させて頂いた宮古市にある ボランティア宿泊施設「かわいキャンプ」。


PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログランキングに参加してます。さぁ、今日は何位かな?
押して頂けると順位がアップ♪
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑↑
↑今日は何位かな?ポチッと押すと分かります


おかげさまでブログランキング順位上昇中!! 1日1回クリックで順位がアップ♪ ポチッと応援よろしくお願いします。

キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」

プロフィール

efuu

Author:efuu
高校生の頃、北海道を旅している時に「少年エフ」なんて呼ばれたこともありましたっけ・・。気がつけば50
おじさんえふぅ」ですなぁ・・・
P103.jpg

incas24s_20110119090201.jpg
INCAS Rally in PERU1989

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




↑2011.9/189/19で泊まった大好きな北海道の『カフェ&宿 吉里吉里』












話題のお取り寄せグルメが限定特価・送料無料も!ポイントアップやタイムセールも開催中!ぐるなび食市場










KTM、ソロキャン、やまぼうし、然別湖、北海道、ファミリーキャンプ、フィールドアスレチック、上郷フィールドアスレチック、レッドブル、RedBull、KTM450ラリー、KTM450rally、綱島、神輿、ツーリング、キャンプ、平湯、消防団、横浜市、港北区、俺たちの宿、羅臼、マルモのおきて、マルマルモリモリ、、YouTube、mixi、Amazon、Google、Twitter、Facebook、NTT docomo、クックパッド、ドミノピザ、Skype、アメブロ、DMM、郵便番号、カヌー、チヌーク、C-130、ツーリング、トシニシヤマ、宴会組、パリダカ、フェリー、スキューバ、ヒッチハイク、キケンジ、パリダカール