スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

北海道へ家族でキャンプ旅行12日目(前編)

※ここでは3年前の2009年に、我が家が子ども4人を連れて六人で
北海道へキャンプ旅行に行った記録を回想録として綴っております。


前日はこちら






ちゅんちゅん♪カァー
ちゅんちゅん♪カァー
(ここ羅臼も意外とカラスが多ございます)


2009年7月31日


おかげさまでヒグマが出ることも無く済んだ、羅臼オートキャンプ場の
朝です。

P1030256.jpg


ついに旅に出て12日目




>>FC2 Blog Ranking



今朝ぐらいは久しぶりにゆっくり朝食でも・・・と、かみさんと
話をしてましたが子どもたちは許してくれません(^_^;)

ここは日本の中でもかなりはやく朝が訪れ、この季節には午前
三時半頃には東の空が白くなってきます。

F1000671_20120606112658.jpg


コーヒー飲んだら、子どもたちのために朝食をちゃちゃっと
作って食べさせたら、自分は夕べのいくらの醤油漬けの残りと
納豆とご飯でササッと済ませました(^_^;


F1000670_20120620162005.jpg


ちなみに子どもたちの朝食は、カルボナーラスパゲティとパン、
夕べのツマミの残りのホタテのソフト燻製をいれたスクランブル
エッグにやや甘めのロイヤルミルクティー。
あとデザートにヨーグルト。

あっ!次男だけはバナナ食べてますな。





朝食後、天気予報を携帯で確認。
いや~旅先ですぐにその日の天気を確認出来るって、便利な
世の中になりましたよねぇ~






じつは・・・・
旅に出る前からやりたかった

「娘ふたりを連れてオショロコマ釣り」「知床半島ホエール
ウォッチングクルーズ」
を、明日やるか今日やるか悩んでました。



そ・こ・で!

自分との一人会議の結果(笑)

「やれることは早めにどんどんやろう!」


と閣議決定!(笑)

誰かひとりが怪我や体調不良になったら、出来なくなって
しまいますしね。






近くにテント張っていた川崎市から子ども三人連れて来ていた
ご家族を見送ったら、連泊する自分たちはクマが荒らしに来ない
よう、また羅臼名物「羅臼おろし(山から吹き下ろす突風)」に
備えて、テント前室にタープを含む全ての荷物を格納し、各ロープと
ペグの点検・確認をしたら羅臼方面に向けて出発~♪。





そういえばこの時の旅、車内で聞いてたヘビーローテーション
ミュージックは、こどもたちのリクエストで「鋼の錬金術師」
オープニングを歌う「YUI」のagainでしたね。
旅の時に聞いてた音楽って、後で聞くと聞いてたときの景色が
蘇りますね♪









車で羅臼方面に10分ほど走ったら、昔からお世話になっていた
俺たちの宿」のおっちゃんの家に寄り、明日ゆっくり来るねぇ~
とご挨拶。

F1000666_20120621072044.jpg


※おっちゃんや「俺たちの宿」については以前書いてますので、
こちらをご覧下さい。






おっちゃんちを後にしたら、ホエールウォッチングクルーズの
受付をしに羅臼の道の駅横にある「はまなす観光クルーズ」へ行き
本日「午後便」を予約して「オショロコマ釣り」へ。






道の駅で長靴履いたり竿に仕掛け付けたり支度して、おっちゃんに
教えてもらった「ひかりごけ」先のナントカ川へ(すいません、川の
名前忘れました)。

娘ふたり(六年生と三年生)とナントカ川にフキかき分けいざ出陣。

P1030224_20120621072432.jpg




かみさんと長男次男(年少と年長)は自分たちが釣りしている間、
新しくなった羅臼ビジターセンターへ。

P1030222.jpg


P1030220.jpg



P1030223.jpg



一時間後にこのナントカ川に迎えに来てくれる予定。










川に降りたらまずは餌探し。
川石ひっくり返してなんだかわからないカワムシの幼虫ゲット。
針につけて娘たちにやり方を伝授。



「いいかぁー見てろー」

と、自分が川にエサ入れた途端釣れました(^^;。


オショロコマくんたち、二十数年たってもあまり進化はしてません
でしたよ(笑)




高校2年、高校3年と2度、北海道への長期ソロキャンプツーリング中
羅臼に滞在していたのは合計2ヶ月程(^^;。

あの頃はお金もなく、食料調達で釣りに来てはオショロコマ釣って
塩焼きや天ぷらなんかにして食べてましたっけ。

当時はもちろん竿を買う余裕なんて無いんで川付近の枝を拾って
釣り糸に直接ハリス結んで、エサは同じく岩どけて川虫つけると
バカみたいに簡単に釣れました。

一応、オショロコマって岩魚ですよ。樺太付きますが(^^;


F1000663_20120621074845.jpg


F1000661_20120621074844.jpg



早速竿をふる娘たち。
釣られるオショロコマたち。餌の付け替えや根掛かりの
処理をする自分(^^;。


F1000658_20120621074844.jpg


F1000662.jpg


一時間で上の長女が五匹ぐらい、次女が三匹でした。
長女が最後にに18cmぐらいのを釣り上げました。
(旭山動物園年間パスと共に写した写真参照)。

F1000656.jpg


釣った全てのオショロコマはリリース。

そろそろヒグマと遭遇してもイヤなので(^^;
川の神に感謝して(^人^)、撤収。



釣りを終え、ナントカ川のほとりに上がってくると、近くに
止まっていたワンボックスからおじさんが出て来て、おもむろに
娘たちに「これをやろう」とあるものをくれました。






それはなんと天然記念物で超絶滅危惧種のシマフクロウの羽毛!!
羽を広げると約2m余りの世界最大のフクロウです。
昔アイヌの人々は、神の鳥としてシマフクロウを崇めていました。

ビジターセンター等ではく製は見たことありますが、羽毛を
触るのは自分も初めて!!








おじさんは、その川でシマフクロウを撮影する為に何泊もしている
らしいとのこと。


おじゃましてスイマセンでしたと言うと「なんもなんも」と。

ただ、釣り針だけはきちんと持ち帰って欲しいと伝えられました。

魚をリリースしても、オショロコマの体内に釣り針が残っていると
それを捕食した猛禽類等を死に至らしめる場合があると言うでは
ありませんか。

なるほどなるほど。



おじさんの指差す川をよく見ると、川の真ん中にちいさな池が
作られており、その中にオショロコマを入れてセンサーを
セットして撮影するそうです。
シマフクロウが来るのは夜だそうですが。

こんな感じの写真を撮るんでしょうか。

simafukurou3.jpg

simafukurou4.jpg



野鳥写真館より


今でもその時にもらったシマフクロウの羽は大事に小びんに
乾燥剤と一緒に入れ、我が家に飾ってあります。








おっと!

丁度かみさんたちが迎えにきましたので




後編につづく


バタバタな我が家に、クスッと笑ったりしちゃったら気軽に
コメント頂けると単純に嬉しかったりします(^_^)b
また、読み終わりましたら出来るだけ下のランキング応援バナーの
クリックをお願いします。
出来るだけ1日1回クリック
お願いします

ブログ更新の励みになります(^_^)b

↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログKTMへ
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
すべて押して応援よろしくお願いしますm(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト
2012-06-21(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

水道屋さん

>後からなんて思っていると結局何もできないですよね~
そうなんですよ!(^_^)
いつ何があるか分からない世の中ですし。
また今度なんて、今度がない場合が多いですから(^^;

>年上ですが(爆)えふぅさんの子供になりたい気持ちです。

それはちょっと・・・・息子は二人で十分です(おひおひ)笑(^^;
2012-06-23 07:29 | えふ | URL   [ 編集 ]

いいお父さんだァ 

素晴らしいです。

「やれることは早めにどんどんやろう!」

そのとおりだと思います。
遊びでも仕事でも・・・

後からなんて思っていると結局何もできないですよね~

いや~素晴らしい。

年上ですが(爆)えふぅさんの子供になりたい気持ちです。
2012-06-22 22:23 | 水道屋 | URL   [ 編集 ]


私は福島を応援します!



自分が微力ながらお手伝いさせて頂いた「南相馬市」にある「福興浜団」



↑7/5~8まで宿泊させて頂いた宮古市にある ボランティア宿泊施設「かわいキャンプ」。



かわいキャンプ応援隊 
ボランティア同士の交流の場と
情報提供↓
かわいキャンプ応援隊
↑まだまだ被災地ではボランティアが必要です!
あなたの力を待っている人がいます!


ブログランキングに参加してます。
押して頂けると順位がアップ♪
↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑
↑今日は何位かな?ポチッと押すと分かります


にほんブログ村 バイクブログ KTMへ
にほんブログ
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」
人気ブログランキングへ

お得な宴会予約はぐるなびで

プロフィール

efuu

Author:efuu
高校生の頃、北海道を旅をしている時に「少年エフ」なんて呼ばれたこともありましたっけ・・。気がつけば47
おじさんえふぅ」ですなぁ・・・
P103.jpg

incas24s_20110119090201.jpg
INCAS Rally in PERU1989

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




↑2011.9/189/19で泊まった大好きな北海道の『カフェ&宿 吉里吉里』












話題のお取り寄せグルメが限定特価・送料無料も!ポイントアップやタイムセールも開催中!ぐるなび食市場










KTM、ソロキャン、やまぼうし、然別湖、北海道、ファミリーキャンプ、フィールドアスレチック、上郷フィールドアスレチック、レッドブル、RedBull、KTM450ラリー、KTM450rally、綱島、神輿、ツーリング、キャンプ、平湯、消防団、横浜市、港北区、俺たちの宿、羅臼、マルモのおきて、マルマルモリモリ、、YouTube、mixi、Amazon、Google、Twitter、Facebook、NTT docomo、クックパッド、ドミノピザ、Skype、アメブロ、DMM、郵便番号、カヌー、チヌーク、C-130、ツーリング、トシニシヤマ、宴会組、パリダカ、フェリー、スキューバ、ヒッチハイク、キケンジ、パリダカール