スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

秋葉神社前キャンプ場

先日の三連休で静岡県春野町にある「秋葉神社前キャンプ場」へ
行ってまいりました。
今回は三重松阪のなべさん&はるちゃんが秋葉神社前キャンプ場
でキャンプどう?
ということでパクっと(笑)食いつかせてもらいました(^^;)ハイ

我が家からは自分一人の参加。


現地集合現地解散のため、行き帰りは気ままな一人旅!。



そして今回のメカチョイスは・・・・




きらーん!


グランビア君!キミに決めた!




チョイス理由としては・・・
当初の天気予報だとあまり天気が良く無かったのと
三連休でしかもキャンプ場まで250kmほどのロングラン。
車内泊も可能性として考え、軽自動車はやめました(^^;


グランビア君に決めたんで11/20の仕事を終えてからコソコソと準備。
得意のシート外しを行います。まずはサードシートを撤去!

P1050421.jpg

P1050422.jpg


つぎにセカンドシートの片方をちゃちゃっと外します。

P1050423.jpg


なんということでしょう~(びふぉああふたー風)
そこには巨大な空間が生まれました。

さてと・・・アレを積みますか・・・








P1050426.jpg

P1050427.jpg

疲れたらいつでもゴロンと出来るようにコット(簡易ベット)と
現地に着いたらちょいツーリングを楽しもうとミニトレ(GT80改)を
積み込みました。このミニトレも20年近く乗ってます。
相変わらずの物持ち王(笑)


その他のキャンプ道具やらどうでも良いものなど荷物をどっちゃり
積んで、ちょっと作業してたらありゃま11/21になっちゃいそうです。

さて出発しますか。11/21(土)の午前0時過ぎに出発。

P1050428.jpg



真夜中の高速ってなんか良いんですよね。お気に入りの曲をかけ
ながらの深夜ドライブ。
さすがに三連休直前で高速道路も深夜に関わらずかなりの交通量。

目指すは東名高速・袋井I.C。
自宅からは200kmぐらいでしょうか。

袋井I.Cからキャンプ場までは下道50kmほど。
ゆっくりと高速を走って行ったので袋井I.Cに三時すぎ、
キャンプ場には四時頃到着。

あたりは真っ暗な河原・・・・。なにがなんだかどこがどこだか
よくわかりません(笑)空は満天の星空で気温は5度。
とりあえず無事に着いたことを祝してビールを一杯(^^;
でもって眠いんで寝ましたzzzZZZzzZZ













ちゅんちゅん♪

ちゅんちゅん♪







六時過ぎ起床(笑)

明るくなってやっと辺りの状況が分かってきました。


P1050430.jpg


P1050431.jpg


快晴です!。

ビバ晴れ男。

なべさんたちがもうすぐ来るようなんですがとりあえず朝食。
みそラーメンを作っておにぎりと一緒に食べました。

P1050434.jpg
なんかなんでもかんでも詰め込んだ感じ(笑)



いよいよ秋葉神社前キャンプ場でのキャンプが始まります!。






三重の松阪市よりなべさんとはるちゃんが到着。
リビングシェルの設営を少々お手伝いすると自分は秋葉山への
登山支度。
P1050436.jpg



山頂付近にある秋葉神社の上社目指して片道二時間程の登山。

P1050437.jpg

イチョウの木で見えませんが人差し指の上辺りに山頂があります。
さてさて出発!。時刻は8時半ぐらいでしょうか。


まずはキャンプ場の道挟んだ前にある秋葉神社の下社へお参りに。
P1050439.jpg
テントから40秒でココに着きます。

三件程のお土産やいい味出してます。ココの話しはまた後で。
P1050442.jpg

来月には有名な「火祭り」があるようです。


P1050441.jpg



「宴会組」も負けじと「御火柱祭りin気田川」を開催したい
ですなぁ(笑)
ココの秋葉神社は日本に400近くある秋葉神社の総本社。
火防(ひよけ)・火伏せの神として有名。
秋葉神社

消防団に身を置く自分としてはお参りしたくなるのも当然! (^人^)
あの秋葉原の地名の由来も秋葉神社からですのでまさに「秋葉系」。
秋葉だけに「萌え?」と言っていたのは誰でしたっけ?(笑)
燃え?ちゃいけません!(^^;

下社はお土産やのすぐ上のこの階段を50段程登るとあります。

P1050440.jpg


P1050444.jpg

なかなか趣のある神社です。さすがに秋葉神社の起源となった神社。
秋葉山本宮秋葉神社
パワースポット的なオーラが出てます。


P1050446.jpg



お参りが済んだのでさてと出発しますか。
P10504477.jpg

えーっとなになに・・・・フムフム
上社の手前にある秋葉寺まで車で45分、徒歩で20分。

・・・・・・・。????。


20km。

徒歩20分。


表参道(徒歩60分)。



現在地はココ。


・・・・????。時速60キロで歩けと!!!(笑)


ちゃうちゃう!(笑)


まぁ土産やのおっちゃんに聞いたら表参道は
「片道4.5kmの山道で普通に歩いて登り二時間、下り一時間半かな」と。

車で行くとなると多少遠回りで20kmあるんでしょうなぁ。

この地図の徒歩20分が気になる(^^;)



さぁ詰まらん所に引っかかってもしょうがない出発出発。

下社から5分程車道を歩くと表参道への標識があります。
そこから1分程で出発地点の九里橋。
P1050449.jpg

いいですねぇ、朱塗りの橋。
なんとなくあっちの世界とこっちの世界を結ぶ橋みたいです。
しいて言うなら「千と千尋の神隠し」の「油屋」の手前の橋みたい
です。
ハク様が出て来そう(^^;

足取りも軽くサクサクと登ろうとしたらいきなりキツい坂。
P1050452.jpg



二時間の行程を書いたら二時間かかりそうなんで割愛(笑)
九里橋や秋葉神社表参道の詳しくはこちらをご覧下さい。



途中こんな倒木もあったり登りで思っていた以上にキツい登り
でした。
他の登山者にも会うこと無く、一人で登るのもちょっと寂しか
ったりもします(^^;
P1050458.jpg

1時間半ぐらい歩いて秋葉系の(笑)秋葉寺に着きます。
「あきばでら」かと思っていたら「しゅうようじ」だそうです。
P1050476.jpg

P1050485.jpg


秋葉寺(しゅうようじ)
              『日本の神仏の辞典』より

静岡県周智郡春野町(町村合併に伴い、現在は浜松市)にある曹洞宗の寺院。山号は近世までは大登山で、明治以降秋葉山と改めた。遠州秋葉山は山岳霊場として信仰を集め、秋葉権現を祀る秋葉社が古くから山頂に建てられていたようである。中世の頃、観音信仰地蔵信仰が修験者によって招来され、秋葉寺が創建され秋葉社の別当を務めるようになった。享保2年(1717)刊行の『秋葉山略縁起』には行基開創の寺とあるが、おそらく創作であろう。
秋葉権現は秋葉山の山岳神であり、秋葉山そのものが御神体であった。中世から戦国期にかけて秋葉社の前立てとして三尺坊権現を祀るようになり、秋葉三尺坊権現として広く知られるようになる。

戦国期に諸堂が火災で焼失した(縁起では武田信玄の軍勢の焼き討ちに因るとしている)が、徳川家康の密使を務めた加納坊光幡とその弟子光達によって再建された。

寛永2年(1625)蘆月厳秀(ろげつげんしゅう)が住職の時、秋葉山内に対立抗争が生じ、厳秀方は曹洞宗の可睡斎に、反対勢力は当山派修験の二諦坊に助力を仰ぎ、秋葉寺は禅宗なのか修験なのかという寺社奉行の裁定を受けることになった。家康の判物を厳秀方が所持していたことにより、厳秀方の勝訴となり秋葉寺は曹洞宗に帰属し、可睡斎の末寺となった。

貞享2年(1685)の「貞享の秋葉祭り」以降、秋葉三尺坊権現は火伏せの神として広く知られるようになり、各地に秋葉講が結成され、安永7年(1778)には後桃園天皇の勅願所となった。近世の伊勢参りの道中記を見ると、東海道から秋葉山、鳳来山を経て豊川稲荷を参拝する事例が多く見られる。

慶応4年(1868)神仏分離令・社僧復飾の布達がだされ秋葉山は寺院なのか神社なのか詮議されたが、慶応3年(1867)に神階正一位を朝廷から受けていたことを理由に明治5年(1872)教部省は「秋葉大権現は秋葉神社と称すべし」と決定し、浜松県は秋葉山の神仏分離を命じた。明治6年(1873)、秋葉寺は無檀無住を理由に廃寺となり、秋葉寺の仏像仏具什物は本寺可睡斎に引き渡された。秋葉寺関係者が寺の再興を強く政府に働きかけ、明治13年再興が認められ、明治16年秋葉山8合目杉平に再建された。

これ以降、秋葉信仰の中心は秋葉寺・可睡斎・秋葉神社(現在は本宮秋葉神社)の三者に別れ、現在に至っている。


だそうです。(^^;


P1050486.jpg




本殿の土間にあるこの赤い仏像には吸い込まれそうな気配がありました。
ここのお寺もなかなかのパワースポットな感じです。




参道に戻り目指す上社はもう少し。
P1050490.jpg

全長1697.2kmの「東海道自然歩道」の踏破もなかなか良いかもしれません。



このお寺より上は急に森の姿が変わり巨木が多くなります。

P1050498.jpg

P1050500.jpg

写真ではなかなか巨木度が伝えづらいんですがとにかくデカイんです。
そんな木があちらこちら残ってまして木々からもパワーがもらえそうで
歩いているだけで元気になれそうな感じ(^_^)

P1050501.jpg
この辺りで海抜800m。スタートの九里橋が海抜130mぐらいですかねぇ。

P1050506.jpg


巨木の森を抜けるといよいよ表参道も終盤。


ついに秋葉山本宮秋葉神社神門・随身門(ずいじんもん)が見えてきます。
P1050507.jpg


P1050508.jpg
秋葉神社神門は昭和18年の大火に類焼を免れ、秋葉山として栄えた江戸時代の俤(おもかげ)を偲(しの)ばせる唯一の随身門である。

 入母屋造りで、間口10米(5間4尺)奥行約6米(3間2尺)の宏荘な建物で、鮮麗な朱泥を塗り屋根下周囲には精巧な彫刻が施してある。文化9年(1812)諏訪三郎の作にて、建物は天保2年(1831)6月28日、信州上諏訪の住人立川内匠富昌、和蔵久子、立川次右衛門富保、喜三良父子の手に依って再建された棟札が保存されている。(原文のまま)   旧春野町教育委員会



一人でこの門を眺めているとなんかとても贅沢な時間を過ごしているような
気にさせられます。
左右に祀られている随神様。この門を見れただけでも此処に来て良かったと
思えます。


門を抜けいよいよ本宮へ。



上社に入るとビックリするのは近代的なところ。

P1050512.jpg

第二次世界大戦中の1943年(昭和18年)、山頂(上社、かみしゃ)が山火事で山門を除く建物全てを焼失したため、秋葉神社は一時は廃社も同然となった。しかし、1986年(昭和61年)に現在の社殿が再建され、相前後して山頂に通じる車道の整備も成ったため、ここに名実共に秋葉山本宮秋葉神社として再興を果たした。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


下社の趣ある所と比べてピカピカです(^^;
観光客もバスでがんがん来てお参りしております。ヒールでもサンダルでもOK。
表参道から来るにはそれなりの靴が必要です。
神社に参拝にくる方の99.99%はきっと表参道からは来ない方だと思います(^^;

P1050519.jpg



しかし景色は抜群です。遠くは遠州灘まで見渡せとても気持ちのいい場所でした。

P1050518.jpg





少々の休憩とトイレ、水分補給をしたら来た表参道を下ります。
登りは写真を撮りながらでしたが下りはリュックにカメラを入れ
天狗のごとく登山道を駆け下りて1時間程で下に帰ってきました。
一度も休憩せず、結構疲れましたけどね(^^;

とても良かったです。秋葉山登山。
もしチャンスがある時はぜひお試しあれ!。









キャンプ場に戻るとなべさんのテントは全て完成していて
バイクもおろしてありました。

P1050528.jpg


自分もテントとタープを張りバイクをおろして昼食にそばを食べに。
P1050525.jpg

なべさんとはるちゃんも一緒に行くというので
「そばとお風呂のミニミニツーリング」にしゅっぱーつ!☆

P1050530.jpg

P1050535.jpg


途中の道での走りながらワンショット。
P1050540.jpg


目指すそば処はキャンプ場から2?30分ぐらいのあのあたり「ぐらい」に
しか調べてきませんでした(^^;
途中で分からなくなり第一村人、第二村人にお聞きするも詳細がつかめず・・・
(当初目指した所は「勝坂神楽の里」でした)

二番目のシェルのスタンドのおばちゃんが「近くならおそこのおそばやさんも良いよ」という情報を頂いたのでとりあえず行ってみんべという感じで再出発。
時間は二時頃になってました。
再出発して10分程走ると道の脇に「そば」ののぼりが。
導かれるまま進んでも「ホントこんな所にそばやあんの~」という感じ。



ありました。
気田川のほとりに立つ小さな小屋。
(後で調べたら蕎麦やの主人の手作りだそうです)
P1050542.jpg


その名も「一休」。
スキスキスキスキ好き好きっ♪あいしてーるっ!♪(ちゃうちゃう)笑
P1050544.jpg

バイクを止めると隣の自宅らしき所から主人がすっ飛んできました(笑)

中は木のぬくもりが感じられるログハウスな感じ。

※お店のご主人に撮影の許可済みです。
P1050546.jpg

メニュー見て少々悩みつつ、大盛りにするか普通にするか・・・(^^;

三人とも「もりそば」の普通を注文。七百円なり。







しばし待ち・・・・・・。





















出て来ました「もりそば」。

P1050548.jpg
小皿が三つありますがお漬け物と大根おろし、そしてもうひとつの小皿には・・・・
なんと「塩」が二種類のっていて食べる前にご主人が・・・・

「最初は塩をひとつまみかけてお召し上がりください」と。



ハイ。了解です!。


パラパラっ・・・・・


つるつる・・・・・





ゔっ!






うみゃい!




うまいじゃないですかっ!





蕎麦に塩だけでこんなに美味いとは!やるな一休!

ハイっ!
スキスキスキスキ好き好きっ♪あいしてーるっ!♪
(ちゃうちゃう)笑



そんなこんなでささっと食べて(もう割愛かいっ!)
※こちらのブログでもかかれています。
http://pepemotorcycles.hamazo.tv/e1965635.html
「バイク屋ではたらく嫁の日記」。他の部分が気になりますな
バイク屋ではたらく嫁の日記。笑



はーっ食べた食べたで来た道を引き返して10分程で「すみれの湯」へ。
映像無いんでこちらで見てください↓。笑
http://www23.tok2.com/home/pom1/yu/174haruno.html
この人のブログでもかいてありますが100円です。このお風呂。
あり得ません(^^;
まぁいろいろ書くのもなんなんで上のブログ読んでください。
素晴らしすぎです。春野町。



風呂入ってまたピャーと走って夕飯の「鳥キムチチゲ」に必要な野菜をゲットしに。
いろいろ探して20キロくらい走って(笑)いろいろゲットしてキャンプ場に4時近くに
帰ってきました。

暗くなる前に支度したくと頑張っているとなべさんの岐阜の友人
「むたちん」が登場!

チゲははるちゃんに丸投げしていやお任せして(^^;自分は持って来た
大きな釜でご飯を炊きます。
P1050551.jpg

P1050553.jpg


P1050554.jpg




やっとキャンプのブログ記事みたいになってきました(笑)
P1050549.jpg


P1050552.jpg



辺りが段々と暗くなり・・・

P1050560.jpg
チゲも煮えてきましたので外のタープ下から素晴らしき世界の
リビングシェル内へ移動☆。


P1050555.jpg


オコタもあります。しかも熱源は「ねこ三匹」(笑)。
これがなかなかどうして結構温い!。グッドでした。

ご飯も炊けたようですな。

P1050561.jpg



パカっ!。





P1050562.jpg


オコゲも出来てぐぅ~♪


P1050566.jpg


リビングシェル内はストーブもあって暑いぐらいです(^^;)



そうこうしているうちに・・・・
P1050569.jpg
工場長と

P1050568.jpg
さじくん到着。



またまたくだらないネタでおバカな話しをしつつ夜は更けて行きました・・・。

















ちゅんちゅん♪

ちゅんちゅん♪









翌朝。

P1050571.jpg

冷え込みもあまり無く快適な夜でした。
なべさんの薪ストーブはとても重宝します。
薪をくべておけば常時お湯のある幸せなキャンプ生活(=^_^=)

P1050572.jpg


他の方が寝ている間に夕べの残りご飯をチャーハンとおじやにリフォーム(笑)
そしてコイツがうちの新人の火力くん。
Coleman(コールマン) フォールディンクLPツーバーナーストーブ 170-6794




思っていた以上に小さくなり使い勝手もよろしいんですがガスカートリッジを
取り付ける際にちょっと神経を使う感じです。
プリムスや他のガス器具に比べて繊細というか細かいというか・・・(^^;
火力もなかなかです。今後はコイツをメインに料理したいと思います。




P1050578.jpg
まったりした朝の時間を過ごしています。


予報では天候がやや崩れるということなのでいつ降っても良いように
タープの下に道具を移動。イチョウの落ち葉が黄色い絨毯みたいで素敵です。
P1050584.jpg




P1050580.jpg

自分のテントの向こう、水場近くでゆうべから楽しまれいてる団体は
ワールド・ツーリング・ネットワーク・ジャパン(WTN-J)の皆さん。


奥からこちらはよく見えないので水場に行くついでに
「みなさん、何かの集まりなんですか?」なんてまったくバイクや
旅に疎い、いっぱんぴーぽーを装って聞いてみました(^^;

「えぇ旅好きの集まりなんですよ」(WTN-Jの方談)みたいな回答でした。

「へぇ~バイクで旅ですかぁ、すごいですねぇー」なんてこっちは
言ったりして(えへっ)

クリスさんの講義なんかを30人ぐらいでフムフム聞いてました。








朝食を済ませ二度寝したら、バイクで「すみれ風呂」(am10?)に朝風呂へ。
しかぁ~し・・・・「第三日曜日の本日休館日」の立て札が・・・・orz。

しかたなしに旧道をちょい散策ツーリング。
F1001146.jpg



帰りしなにちょっと買物して帰ってくると工場長とさじくんは鮎釣りポイント
探しにお出かけ中。
むたちんは、まだご就寝中(^^;

なべさんとはるちゃんも、ちょいとスーパー林道の方に行ってきまーすと外出。

天気も思いのほかいいのでウィスキー飲んでから、てくてくと下社までお散歩。

P1050590.jpg
今日は日曜のため朝から観光客が結構来てます。
この白い建物が「門前屋旅館」。宿泊もやってますがメインは参拝者向けの
お土産と昼食処。

P1050591.jpg

看板ねこの「とらちゃん」。
かなりまるまる太ってます(笑)

P1050592.jpg

「耳をすませば」に出てくる「ムーン」みたいです(^^;

下社にお参りに行って、ゆるゆると階段を下りて来て
P1050594.jpg
うちでお留守番の子どもたちにお土産でもと「門前屋」に入ってみましょう。

天狗で有名なんで天狗の面と烏天狗の面を購入。ひとつ500円ナリ。








「おでん200円」なんて張ってあります。


そろそろお昼。











「すいませ~ん!おでん一つ。・・・・・それと瓶ビール一本下さい」(^^;




P1050600.jpg





おでんは「こんにゃくの味噌田楽」でした。
ハフハフしながら瓶ビールをちょびちょび。

目の前の参拝者用駐車場に観光バスが来るとダーッと人が降りて行き
参拝してお土産見てまたバスに乗って出て行きます。
そんな景色を見ながら自分一人だけ時間が止まったようにビールを飲んでます。
人間観察もなかなか面白い(^_^)





ちょっといい気分で帰ってきて、BGM聞きながらまったり昼寝。
F1001141.jpg
前回の千葉で寒い思いをしたので今回はニュー寝袋ゲットしました。
Bのモンベルには到底かないませんが
Coleman(コールマン) タスマンコンパクトX/-18 」を買って持ってきました。
適温レベル-18度以上ですよ!
しかもこのお値段!。今まで使っていたIBSオリジナルが20,000近かったのに
このお値段でこの快適さ。(しかしコンパクト性はあまり考えられてません)笑
二月のキャンプが待ち遠しいです。(^^;



http://www.amazon.co.jp/Coleman-コールマン-タスマンコンパクトX-18-170S0216J/dp/B002L3SGDC/ref=sr_1_8?ie=UTF8&s=sports&qid=1259632589&sr=8-8
F1001142.jpg
昼はたまに食べたくなるペヤングソース焼きそば(笑)




しばらくしてなべさんたちも走りからご帰還。

さぶーっ!といって暖まっております。

んっ!?



お二人の向こうになにやら「黒い猫」がこっちを見ているような・・・・(^^;


P1050602.jpg



ズームしてよく見てみると・・・・












P1050603.jpg
ありゃ(^^;
切り株でした(笑)

P1050604.jpg


むたちんも起きて来て自分のミニトレに興味津々。
どうぞ!どうぞ!で試乗会(^_^)
P1050606.jpg

なべさんもちょっと走り足らず河原へ。
P1050608.jpg


そーこーしているうちに工場長たちもご帰還。
P1050611.jpg
なべさんの買った干し芋を炙りつつリフォームご飯を食べて頂き
おかげさまでゆうべのリフォームした残りが無くなりました。(^^;




まったり薪ストーブであったまりつつキャンプ道具談義。
で・・・


アレですよアレ(^_^;。


P1050614.jpg

カセットガスからT型ガスカートリッジに注入出来る「詰め替え君」。
工場長のを借りて入れてみました。
自分の購入した怪しいアダプターは500円でしたがあまりに小さくて
無くなりそう。またずーっと手で押さえていなければならないのに対して
この詰め替え君はかちっとはめてリリースしてあげればぐんぐん入って行きます。
工場長の左手に持っているのはプリムス社製の計り。T型を吊るして今どれくらい
ガスが充填されているか計るもの。世の中なかなか便利なものが出てるざんすね!



そんなことしている間に、あっという間に辺りは暗くなり始めました。

F1001147.jpg






さてと






そろそろ準備しますか・・・。



何を?って。






アレですよアレ(よく使うぁーなこのフレーズ)笑



工場長もさじ主任の指示を受けながらカマドの薪に火を入れてます(笑)

P105062412.jpg


自分は・・・・
P1050630.jpg


ピザ生地を伸ばしてと・・・・ちゃうちゃう

P1050617.jpg


手打ちうどんです。

P1050641.jpg


P1050638.jpg


P1050645.jpg


しかも本当の釜揚げ(=^_^=)

P1050647.jpg



家で練って仕込んで来たものを延ばして切って、湯でたての熱々を卵と醤油で・・・・


まぅ~♪



あっという間に8人前程が無くなりました(^^;
P1050648.jpg




つづいて和牛カルビをメインにトッポギと地元のニンニクと唐辛子を使った
ペペロンチーニを自称・早業料理鉄人えふぅがちゃちゃっと作成。(^^;

P1050650.jpg


P1050651.jpg

この後はまたまた幸せ満点のリビングシェル内でぬくぬくしながら飲み?♪
ジブリ談義等で盛り上がりジャ○ザハット様の寝姿を見ながら楽しみました。
気が付けば午前様。




おやすみなさーい  zZZZzzzZZZZzz

※食べ始め飲み始めると写真は撮ってられません(笑)


















ちゅんちゅん♪

ちゅんちゅん♪



翌朝。

またまた平和な朝です。
P1050652.jpg


今朝のメニューは「釜飯ご飯」「スクランブルエッグ」
「ありあわせのなんちゃってナポリタン」(笑)

P1050653.jpg


朝の景色。
といってもすでに10時過ぎてますが(^^;

P1050655.jpg



ワールド・ツーリング・ネットワーク・ジャパンの皆様も
次々に帰って行きます。


さてと我々も帰り支度しますか。

P1050659.jpg

P1050660.jpg



この片付けの時間が何とも言えない寂しさをいつも感じます。

P1050675.jpg

P1050678.jpg



P1050680.jpg

片付けながら辺りの景色を撮ってみました。
本日も天気はグー。
イベント晴天率がまたまたアップしましたよ(^_^)v。



P1050686.jpg


あ?あぁ・・・すべて積み込みました。
P1050676.jpg


工場長も着々とパッキング。
P1050690.jpg




!!!!!!!
するとそこへ!








じゃーん!ちょっと、いや少々太めなレースクイーンらしきオジサン登場(笑)
P1050693.jpg
笑顔がとてもス・テ・キっ!








P1050695.jpg
爽やかな空が広がっております。







工場長とさじくんがテントを片付けていてビックリ!
ペグがなかなか抜けないと思ったら、地中に埋まっていた鉄の棒をペグが
貫いていました。

P1050696.jpg

さすが最強と言われるスノーピークのソリッドステーク。
http://www.snowpeak.co.jp/catalog/products/detail/132
こんど30辺りを12本程購入しまひょ。




寂しいのですが12時を過ぎていたので先に出発。

今回の秋葉系キャンプ。
とても楽しかったです。今度は家族連れで来たいと思いますので
よろしくお願いしますm(_ _)m

お疲れさまでしたぁ~(=^_^=)













キレイな富士山を見ながら順調に東名高速を走って・・・・・・・
P1050702.jpg










おりません(^^;)苦笑

さすが三連休最終日。尋常じゃない交通量です。ETC1000円効果もあり
運転に不慣れな人や故障車続出で渋滞のバーゲンセールや~!(彦摩呂風)笑

四時にはじめて中井パーキングで休憩。
やっとお昼ご飯として手打ちうどんを食べて(笑)
20091123154542.jpg
高速に戻ったら大渋滞で車まったく動きません(^^;



厚木まであと20キロ程ですが、厚木まで2時間以上の表示・・・orz。
秦野中井ICで急遽降りて平塚方面へ裏道、細道、私道(笑)を抜けに抜け
横浜新道経由でなんとか六時半頃帰ってきました。
あのまま高速に乗っていたら8時過ぎていたかも・・・。
最大50キロ程の渋滞が発生したそうです。







長々くだらないレポを読んで頂きありがとうございました。

おつかれさまでした~♪


読み終わりましたら下のバナーをクリックをお願い致します!
更新の励みになります。
クリックして頂けると順位がアップ♪
さぁ、今日は何位になってるかな?押すと分かります。
1日1回クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ KTMへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
↑すべてポチッと応援よろしくお願いしまーす♪m(_ _)m
最近ランキングが下がってますので・・・・(^^;
スポンサーサイト
2009-11-26(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 秋葉神社前キャンプ場 

とても良い所でしたよ。
今度ぜひ行きましょう。
2009-12-16 10:03 | えふぅ | URL   [ 編集 ]

Re: 秋葉神社前キャンプ場 

暖有り、食有り、バイク有りで、すんげ~楽し&旨そうなキャンプだったみたいで、あーあ行きたかったズラ。
場所も良さげなトコだね~。
2009-12-13 22:32 | トコ・プリ | URL   [ 編集 ]


私は福島を応援します!



自分が微力ながらお手伝いさせて頂いた「南相馬市」にある「福興浜団」



↑7/5~8まで宿泊させて頂いた宮古市にある ボランティア宿泊施設「かわいキャンプ」。



かわいキャンプ応援隊 
ボランティア同士の交流の場と
情報提供↓
かわいキャンプ応援隊
↑まだまだ被災地ではボランティアが必要です!
あなたの力を待っている人がいます!


ブログランキングに参加してます。
押して頂けると順位がアップ♪
↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑
↑今日は何位かな?ポチッと押すと分かります


にほんブログ村 バイクブログ KTMへ
にほんブログ
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」
人気ブログランキングへ

お得な宴会予約はぐるなびで

プロフィール

efuu

Author:efuu
高校生の頃、北海道を旅をしている時に「少年エフ」なんて呼ばれたこともありましたっけ・・。気がつけば47
おじさんえふぅ」ですなぁ・・・
P103.jpg

incas24s_20110119090201.jpg
INCAS Rally in PERU1989

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




↑2011.9/189/19で泊まった大好きな北海道の『カフェ&宿 吉里吉里』












話題のお取り寄せグルメが限定特価・送料無料も!ポイントアップやタイムセールも開催中!ぐるなび食市場










KTM、ソロキャン、やまぼうし、然別湖、北海道、ファミリーキャンプ、フィールドアスレチック、上郷フィールドアスレチック、レッドブル、RedBull、KTM450ラリー、KTM450rally、綱島、神輿、ツーリング、キャンプ、平湯、消防団、横浜市、港北区、俺たちの宿、羅臼、マルモのおきて、マルマルモリモリ、、YouTube、mixi、Amazon、Google、Twitter、Facebook、NTT docomo、クックパッド、ドミノピザ、Skype、アメブロ、DMM、郵便番号、カヌー、チヌーク、C-130、ツーリング、トシニシヤマ、宴会組、パリダカ、フェリー、スキューバ、ヒッチハイク、キケンジ、パリダカール